2018年12月05日

長安寺様 道元禅師・瑩山禅師 彫像修理事業

 箱根・仙石原の長安寺様の位牌堂に、道元禅師彫像と瑩山(けいざん)禅師彫像が安置されています。この度、修理事業のご依頼をいただき、約7ケ月間の修理作業を終え、11月30日に納めさせていただきました。
 修復作業中には、ともに内刳(うちぐり)で、胎内に木札があることが発見されました。その木札から、昭和3年に一度修理されている由が判明しました。その昭和初期の修理では、もともと胡粉の白色で塗布されていたお顔や手などの色味が、製作当初のものと違い、少し赤味を帯びている顔料で塗られていました。今回は製作当初の再現をしようということで、お顔は胡粉で補彩されました。
 ご発注いただいた長安寺ご住職の鈴木太源様にはたいへんお世話になりました。誠にありがとうございました。

道元禅師修理前.JPG
道元禅師像 修理前


道元禅師修復後.JPG
道元禅師像 修理後

posted by 誠堂 at 22:28| Comment(0) | 文化財修復・表具仕立て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: