2020年02月27日

「磁州窯と宋のやきもの」展

 前回ご紹介させていただいた静嘉堂文庫美術館様の「磁州窯と宋のやきもの」展を観覧してきました。展覧会を拝見しますと、磁州窯がかなり広域に伝播し、その装飾技法が多岐にわたっているのが理解できます。どのように装飾されているのかを説明されている大型パネルがありましたが、各作品の断面のイラストも描かれていて、とてもわかりやすかったです。近年、静嘉堂文庫美術館様の企画展では、このような装飾技法などをわかりやすく説明してあるパネルを掲出されることがありますが、とても理解しやすくありがたいです。今回出展されている作品の中で、個人的には「翡翠釉白磁鉄絵菊花文双耳香炉(元〜明時代)」の翡翠の色味がとても美しく綺麗で、長時間見入ってしまいました。
 静嘉堂様の至宝である国宝「曜変天目」や重文「油滴天目」も展観されています。3月15日(日)まで開催されていますので、足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
*注 静嘉堂文庫美術館様は、新型コロナウィルス感染症の感染予防・拡散防止のため、2020年3月2日(月)から15日(日)の期間は臨時休業になります。


静嘉堂文庫美術館.JPG
静嘉堂文庫美術館 外観

静嘉堂文庫.JPG
静嘉堂文庫 外観
posted by 誠堂 at 21:15| お客様の行事・催し紹介