2020年10月02日

ヨコハマトリエンナーレ2020

 ヨコハマトリエンナーレ2020を観覧してきました。ヨコハマトリエンナーレは2001年から開催されている現代アートの国際展覧会で、今回で7回目になります。今回は横浜美術館、プロット48、日本郵船歴史博物館の3会場で展観されています。

ヨコハマトリ1.JPG
横浜美術館会場

ヨコハマトリ4.JPG
日本郵船歴史博物館会場

 現代アートは、鑑賞する者がその作品を体感してどう感じるか、感性が試さると思います。同じ展示を見ても、その捉え方は観る人によって千差万別。積極的に作品を見に行って感じ取るのが楽しいです。久しぶりに現代アートを体感したのですが、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 横浜美術館会場の中心に展示されている、今回の目玉的な作品は、ニック・ケイヴの「回転する森」。高い天井から吊り下げられ、その大きさと煌びやかさに圧倒されます。モビールは、スマイルマークやピースマークなど明るい内容が多いのですが、よく見ると危険なモチーフも…

ヨコハマトリ2.JPG

 強く印象に残ったのは、モレシン・アラヤリの「未知を見る彼女」。ヴァーチャルリアリティインスタレーションの作品で、不思議な仮想空間にどっぷり入り込んでしまいます。インタラクティブな体験型の作品は、好奇心が旺盛になり、楽しい経験になりました。

ヨコハマトリ3.JPG

 またコロナ禍にあって、入場者数制限・来館者の体温測定・アルコール消毒の徹底などなど、ミュージアムや主催者の感染症対策が徹底されていました。開催準備にあたって、尋常でない苦労があったかと思います。今日の楽しい体験も、そのご努力があってこそと感じました。スタッフの皆様に感謝したいと思います。ありがとうございます。

 ヨコハマトリエンナーレは10月11日(日)まで開催されています。有料入場エリアは事前予約が必要です。自分の感性を研ぎ澄ませに、体感してみてはいかがでしょうか。
posted by 誠堂 at 23:57| お客様の行事・催し紹介