2021年02月23日

お客様の総本宮へ 御礼紀行-8

 御礼紀行第8回目は京都の伏見稲荷大社へ行ってきました。以前より一度訪ねてみたいと思いながら、なかなか行ける機会がなかったので、ようやく念願叶ってお礼を伝えに行くことができました。
 京都東山三十六峰の最南端、稲荷山に御鎮座する伏見稲荷大社は、全国に3万社ある稲荷社の総本宮です。和同4年(711)に稲荷大神を祀られたのがその嚆矢で、五穀豊穣・商売繫盛・家内安全の守護神としてとても広く信仰されています。
 お伺いした当日は、国指定重文である御本殿・奥社を参拝し、稲荷山の最高峰を目指したかったのですが、その一ノ峰まではかなり距離があり、今回は時間の関係で行くことができませんでした。次回は時間を作って登頂したく思っています。
 境内は広く、清らかな山の自然を愛でながら参拝することができます。京都へ行かれた際は、半日ほど時間をかけて行かれることをお勧めします。

楼門.JPG
楼門

四辻.JPG
四ツ辻あたりの朱の鳥居

絵馬.JPG
鳥居型の絵馬
posted by 誠堂 at 13:39| 御礼紀行