2021年03月11日

10年

 東日本大震災から、今日で10年が経ちました。1年前ですら何をしていたかわからないのに、あの日のことはよく覚えています。あの時、私は神田にいました。ビルの中にいましたが、地震の揺れが大きくなるにつれてビルが倒壊してしまうのではないか心配になり、なんとかエントランスまで移動しました。ビル群が皆大きく揺れて、鉄筋のビルが大きくしなって隣のビルに当たってしまうのではないかと思いながら、見ていました。その日は電車などの交通機関は止まっていたので、翌朝再開されてから帰宅できました。
 それから毎年、3月11日午後2時46分には、東北に向かって黙祷を捧げています。我々日本人は、あの地震と大津波と原発事故などで2万人を超える仲間の生命を奪われました。亡くなった方々の無念を思うと、はかり知れない悲しさに襲われます。我が国は、地震・台風・火山の噴火など天災が絶えることがありません。昨年からは感染症にも大きく悩まされています。出来得る限りの備え・対策をして「自分が何をすべきか」、その役割を把握して1日1日を大事に過ごす。生きている我々にはそれしかないのではないかと思う、3月11日です。
posted by 誠堂 at 23:24| お知らせ