2021年09月17日

鎌倉・長谷寺様 御足参り

 鎌倉の長谷寺様の開創は奈良時代の天平8年(736)と伝えられ、聖武天皇の御代に勅願所に定められた鎌倉屈指の古刹であります。御本尊の長谷観音こと十一面観世音菩薩立像が拝観できる観音堂、寺宝が間近で拝観できる観音ミュージアム、静謐ななかで写経や写仏ができる書院などなど見どころが満載の観光寺院です。
 私の両親も少し不思議なご縁がありました。まだ二人が結婚する前、お付き合いしていた頃に、父がスキーを楽しんでいたところ、他のスキーヤ―と激しく衝突してしまい、本来なら大怪我をしてしまうところでした。ちょうどその頃、家で待っていた母は、以前父と長谷寺様で受けた「みがわり鈴のお守」が、何もしていないのにパカッと割れたことに気がついて驚いたそうです。なんと父はほとんど無傷。その名の通り、みがわり鈴が身代わりになってくれたとのことです。
 その御本尊の長谷観音が、今年造立1300年ということで、例年であれば年に一度しか行われない「御足参り」を、今年は毎日体験することができます。(志納金は千円)感染症予防のため、授与される手ぬぐいを通じてになりますが、とてもありがたいことに、観音様の御足に触れて、参拝することができるのです。私はもう3度、お参りさせていただきました。
 平日の日中などであれば、比較的混雑は緩和されているかと思います。このありがたい機会を、皆様も是非体験されてみてはいかがでしょうか。

長谷寺山門.JPG
長谷寺山門

ウインドチャイム.JPG
まだ残暑厳しいころで境内のウインドチャイムが涼やかな音色を奏でていました
posted by 誠堂 at 01:40| お客様の行事・催し紹介