2022年04月18日

満性寺様 国指定重要文化財「聖徳太子絵伝」(公財)静嘉堂蔵 の複製製作事業

 満性寺様は愛知県岡崎市にございます真宗高田派の寺院です。1289年に親鸞聖人の弟子である源海上人の直弟である了専が創建した古刹であります。足利尊氏公が上京の折に太子堂で武運長久を祈願され、のちに伽藍を建立しました。江戸時代には徳川家康公より太子堂に開運殿の称を賜り、朱印地五十石を拝領された名刹であります。国指定重要文化財である色紙阿弥陀経をはじめ、多くの県や市の指定文化財を所蔵されています。
 この度、旧蔵されていた国指定重要文化財「聖徳太子絵伝」(掛軸装、四幅、鎌倉時代、(公財)静嘉堂蔵)の複製製作事業のご依頼いただき、先日持参してお納めいたしました。
 所蔵元である公益財団法人静嘉堂様のご許可をいただき、原本を高精細デジタル撮影をさせていただき、その写真画像を原稿とし、数度の色校正確認により複製の精度を上げ、掛軸装に仕立て、新調した2段の桐箱に入れてお納めしました。
 ご発注いただいた御住職の安藤光淵様、静嘉堂文庫美術館様にはたいへんお世話になりました。誠にありがとうございました。

1.jpg
複製 四幅のうち第一幅

2.jpg
複製 四幅のうち第二幅

満性寺様御本堂 トリミ.JPG
満性寺様 御本堂
posted by 誠堂 at 18:00| 文化財・美術作品の複製