2022年05月01日

庄内能楽館様 能面修復事業(第六期)

 平成27年に山形県酒田市にございます公益財団法人庄内能楽館様が所蔵されている能面や能装束などの調査を行いました。能面については、修復が必要な面が18件あることがわかりました。それを六期に亘って修復する事業が決定し、誠堂で請け負わせていただきました。
 その最終の六期目の能面修復を終え、過日納品させていただきました。第六期は、「山姥」、「黒式尉」、深草浄春作「般若」、相馬秀男作「般若」の4作品を修復しております。
 今回修復した「山姥」は精霊的な変り型の面です。クリーニング、剥離部や矧ぎ目の接着、充填、補彩などを施しています。
 ご発注いただきました庄内能楽館理事長の池田宏様にはたいへんお世話になっております。誠にありがとうございました。

山姥修復後.jpeg
「山姥」修復後

山姥修復作業.jpeg
「山姥」修復作業