2022年06月02日

ポーラ美術館様「モネからリヒターへ」展

 箱根町仙石原にありますポーラ美術館様の開館20周年記念展「モネからリヒターへ −新収蔵作品を中心に」展を鑑賞してきました。
 この展覧会のテーマは「光」です。印象派以降の芸術家が「光」をどのように捉えて表現してきたかを目の当たりにできるとともに、近代絵画発展の流れが概観できる内容になっています。さらに20世紀以降現代までの美術作品を国内外問わず収集されていて、質の高いコレクションの多さに圧倒させられます。
 展示方法で興味深かったのは、クロード・モネの「睡蓮」とドイツの現代を代表する作家であるゲルハルト・リヒターの抽象絵画が並んで展示されていたコーナーです。前者は1907年に、後者は1987年に製作されたものです。その差80年。光をキャンバスに再現したモネとリヒターの抽象絵画では、表現こそ違いますが類似点がないわけではありません。何が同じで何が違うのか、考えながら観るのも楽しく、良い時間を過ごすことができました。
 新緑から夏へ、これから箱根は良い季節を迎えます。レジャーに、温泉に、美術鑑賞に、初夏の箱根を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ポーラ美術館1.JPG

ポーラ美術館2.JPG
作品によって撮影可・不可がありますので留意ください

posted by 誠堂 at 23:23| お客様の行事・催し紹介