2022年05月01日

庄内能楽館様 能面修復事業(第六期)

 平成27年に山形県酒田市にございます公益財団法人庄内能楽館様が所蔵されている能面や能装束などの調査を行いました。能面については、修復が必要な面が18件あることがわかりました。それを六期に亘って修復する事業が決定し、誠堂で請け負わせていただきました。
 その最終の六期目の能面修復を終え、過日納品させていただきました。第六期は、「山姥」、「黒式尉」、深草浄春作「般若」、相馬秀男作「般若」の4作品を修復しております。
 今回修復した「山姥」は精霊的な変り型の面です。クリーニング、剥離部や矧ぎ目の接着、充填、補彩などを施しています。
 ご発注いただきました庄内能楽館理事長の池田宏様にはたいへんお世話になっております。誠にありがとうございました。

山姥修復後.jpeg
「山姥」修復後

山姥修復作業.jpeg
「山姥」修復作業


       

2022年02月02日

公益財団法人 庄内能楽館様 所蔵作品修復事業(第5期)

 庄内能楽館様の所蔵作品修復事業の第5期は、絵画の額装作品計5件でございました。松尾敏男作の日本画『花王の春』『花菖蒲』、地元酒田の美人画家である佐藤公紀作日本画『芙蓉』、北川民次作の色紙画『裸婦』、中村岳陵作の色紙画『餅』の計5件です。
 中村岳陵作『餅』は、本紙全体にカビによる茶褐色のシミが発生していました。先ず燻蒸処理を行い、クリーニング、解体、洗浄してから、日光漂白を施しました。その後色紙に仕立て直し、クリーニングされた額縁に額装し直しています。
 今回も理事長の池田宏様にはたいへんお世話になりました。誠にありがとうございました。

餅修復前.jpeg
修復前

餅修復後.jpeg
修復後

2021年12月09日

延浄寺様『親鸞聖人像』、釋賢正作『蓮如上人像』修復事業および御本堂『天女図』などのクリーニング作業 

 東京都調布市にございます浄土真宗本願寺派の延浄寺様より、所蔵品『親鸞聖人像』と先代の釋賢正作の『蓮如上人像』の修復事業、および御本堂内部の、釋賢正作の欄間の天女図や着彩された壁面のクリーニング作業の依頼を受け、今月6〜7日に納品および作業を行いました。
 この度、延浄寺様では、御本堂の瓦屋根の葺き替えや仏具の新調などが行われました。それに伴い、御本堂御厨子内部にお祀りされる御所蔵の『親鸞聖人像』と、先代の釋賢正作の『蓮如上人像』の修復、掛軸装の仕立て直しを誠堂で受けさせていただきました。
 また、御本堂には釋賢正作の天女図や装飾図が描かれており、修復師が現地に出張し、そのクリーニング・除菌作業を行いました。
 御発注いただきました延浄寺御住職の網代正孝様、総代の松尾博史様にはたいへんお世話になりました。誠にありがとうございました。

親鸞聖人像修復前.jpeg
『親鸞聖人像』修復前

親鸞聖人像修復後.jpeg
『親鸞聖人像』修復後

作業風景.JPG
クリーニング・除菌作業

御本堂写真.JPG
延浄寺様 御本堂