2020年02月27日

「磁州窯と宋のやきもの」展

 前回ご紹介させていただいた静嘉堂文庫美術館様の「磁州窯と宋のやきもの」展を観覧してきました。展覧会を拝見しますと、磁州窯がかなり広域に伝播し、その装飾技法が多岐にわたっているのが理解できます。どのように装飾されているのかを説明されている大型パネルがありましたが、各作品の断面のイラストも描かれていて、とてもわかりやすかったです。近年、静嘉堂文庫美術館様の企画展では、このような装飾技法などをわかりやすく説明してあるパネルを掲出されることがありますが、とても理解しやすくありがたいです。今回出展されている作品の中で、個人的には「翡翠釉白磁鉄絵菊花文双耳香炉(元〜明時代)」の翡翠の色味がとても美しく綺麗で、長時間見入ってしまいました。
 静嘉堂様の至宝である国宝「曜変天目」や重文「油滴天目」も展観されています。3月15日(日)まで開催されていますので、足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
*注 静嘉堂文庫美術館様は、新型コロナウィルス感染症の感染予防・拡散防止のため、2020年3月2日(月)から15日(日)の期間は臨時休業になります。


静嘉堂文庫美術館.JPG
静嘉堂文庫美術館 外観

静嘉堂文庫.JPG
静嘉堂文庫 外観
posted by 誠堂 at 21:15| お客様の行事・催し紹介

2020年02月02日

静嘉堂文庫美術館様 オリジナルトートバック製作

 静嘉堂(せいかどう)文庫は、三菱第二代社長・岩ア彌之助が、東洋固有の文化財を蒐集し始めたことを基にし、その嗣子の三菱第四代社長、小彌太が拡充した、膨大な和漢の古典籍と古美術品を収蔵されています。平成4年(1992)には、静嘉堂文庫開設100周年を記念して、美術館が建設されました。今年2020年は三菱創業150周年に当たりますので、三菱系のミュージアムの企画が注目される年になりそうです。
 東京都世田谷区にございます静嘉堂文庫美術館では、3月15日(日)まで、「磁州窯と宋のやきもの」展が開催されています。磁州窯は、中国河北省南部に位置する日用の器物を大量に生産した民窯で、白化粧や黒釉の技法を基本に、掻落し(かきおとし)と呼ばれる彫刻的な文様表現が特徴的なのだそうです。
 今回必見の目玉作品の一つが、「白地黒掻落牡丹文如意頭形枕(しろじくろかきおとしぼたんもんにょいどうがたまくら)」(磁州窯、北宋時代、12世紀)です。この度、この作品をモチーフにして、誠堂でオリジナルトートバックを製作させていただきました。ミュージアムショップにて好評発売中です。
 ご発注をいただきました静嘉堂文庫美術館の山田正樹先生にはたいへんお世話になりました。誠にありがとうございました。

静嘉堂文庫美術館トートバック1.JPG

静嘉堂文庫美術館トートバック2.JPG
posted by 誠堂 at 09:14| 記念品製作・商品卸

2020年01月17日

常福寺様 宝物殿(収蔵庫)内装改修工事および記念品製作

 昨年2019年は、法然上人以降の浄土宗の基礎を形成した浄土宗第七祖の聖冏(しょうげい)上人の遠忌六百年にあたりました。聖冏上人が第二世であった常陸国瓜連(うりづら)にございます常福寺様では、六百回忌のさまざまな記念事業が行われました。その一つが宝物殿(収蔵庫)の内装改修工事で、誠堂で請け負わせていただきました。
 宝物殿奥側に収蔵棚を設置し、所蔵作品を整理しながら保管できるようにしています。団体参拝などの時には作品を観ていただけるように、スタイリッシュな調光器付き展示ケースを設けています。来山者に常福寺様の概要を知っていただくように解説パネルも設置しました。床材、壁面クロス材や天井照明器具なども一新させています。
 また、入山者への記念品として、所蔵作品の図版が印刷されている絵はがき8枚セットも製作させていただきました。展覧会図録で掲載された写真図版などを活かして、素敵な記念品に仕上がっています。
 ご発注をいただいた常福寺副住職の小笠原聖華様、監修いただいた神奈川県立金沢文庫の瀬谷貴之先生にはたいへんお世話になりました。誠にありがとうございました。

常福寺様収蔵庫改修工事1.JPG
宝物殿内装改修工事1

常福寺様収蔵庫改修工事2.JPG
宝物殿内装改修工事2

常福寺様絵葉書セット.JPG
絵葉書セット
posted by 誠堂 at 16:03| 作品保存・展示の企画・施工