2022年09月02日

長安寺様 芥川龍之介書簡 修復業務

 長安寺様は箱根町仙石原にございます曹洞宗の寺院です。境内には「五百羅漢場」という「羅漢さん」の石像がたくさん置かれている場所があり、その羅漢さんは各々喜怒哀楽の表現があふれていて、親近感がわく仏様です。仙石原に行かれた際には訪れてみてはいかがでしょうか。
 芥川龍之介が室生犀星に宛てた書簡とその封筒を所蔵されており、今回はその修復を御依頼いただきました。額装を解装し、本紙を洗浄、裏打ちを施し、本紙は紙管に丸めて、封筒はそのままの状態で誂えた桐箱に入れ込みました。
 長安寺様にはたいへんお世話になっております。今回もありがとうございました。

長安寺様1.JPG
山門


長安寺様2.JPG
五百羅漢場

長安寺様芥川龍之介書簡1.JPG
芥川龍之介書簡

長安寺様芥川龍之介書簡2.JPG
書簡・封筒用特製桐箱

2022年08月16日

残暑お見舞い申し上げます

 酷く暑い夏を迎えていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 弊社では、引き続き出来る限りの感染症対策を行いながら、営業活動をしております。依然としてこの夏も感染症は拡大し、影響を色濃く受けています。しかし後世に遺し護らなければならない文化財・美術作品にとっても時間の猶予がないものがあります。その保護や発信のための活動も急務といえます。 誠堂でお役に立てそうな案件などございましたら、どうぞお気軽にご用命ください。
 この暑さです。皆様もお体ご自愛いただき、健やかにお過ごしくださいませ。

2022年残暑見舞.JPG
鳥海山(山形県、秋田県)
posted by 誠堂 at 11:23| お知らせ

2022年08月07日

公益財団法人 庄内能楽館様 所蔵作品修復事業(第6期)

 山形県酒田市にございます庄内能楽館様から所蔵作品の修復事業を承っております。その第6期は、日本画の掛軸装2件の修復でございました。安田靫彦作『燕子花』と、上村松篁作『小蕪』です。
 『燕子花』には、本紙にカビが付着しており、横折れがみられました。作業前に燻蒸しカビを除去したうえで、解装、肌上げ、本紙洗浄、肌裏打ち、折れ伏せなどの工程を経て、上下の裂は新調し中廻し・一文字は元使いをして、掛軸装に仕立て上げました。巻き癖を弱める太巻き芯、桐箱を誂えて納めさせていただきました。
 今回も理事長の池田宏様にはたいへんお世話になりました。誠にありがとうございました。

 同じ山形県の置賜地方や新潟県などの日本海側で、大雨による大きな災害が発生しました。一日も早く良い状況になることを祈るばかりです。

太巻き芯付き桐箱.jpeg
太巻き芯付き桐箱


IMG_0128.JPG
庄内能楽館様 能舞台