2022年07月21日

大津諏訪神社様 建御柱祭

 今月の3日(日)に横須賀市の大津諏訪神社様にて「建御柱(たておんばしら)」の神事が執り行われました。これは諏訪神社の御本社である信州の諏訪大社様より拝戴した下社「秋宮四」の御柱を建てる神事で、私も参加させていただきました。
 信濃国一之宮である諏訪大社様は、上社の「本宮(ほんみや)」「前宮(まえみや)」、下社の「秋宮(あきみや)」「春宮(はるみや)」という四つの境内地からなる御宮です。この諏訪大社で有名なのが、御柱祭こと式年造営御柱大祭です。数えで7年に1度、寅と申の年に斎行されるこの大祭は、4月に山出しが、5月には里曳きが氏子たちによって行われます。山出しの際の木落としや川越しは、この大祭の一番の見どころですが、フィナーレを飾るのが里曳きの最後に行われる「建御柱」です。木遣(きやり)隊や喇叭(らっぱ)隊が大きな音で盛り上げるなか、4社の周りを各4本の御柱が建ちあげられます。
 前述した「秋宮四」の御柱とは、秋宮の四番目の御柱のことで、この春まで諏訪大社に建てられていたものを拝戴して、横須賀の大津の里に建ち上げられたのです。信州より「諏訪市木遣保存会」の皆様を招き、神事は大いに盛り上がりました。息の長い声が通る木遣は素晴らしく、今回の建御柱神事の大きな見どころ・聞きどころになりました。
 諏訪大社のご祭神は、下社は女神の八坂刀売神(ヤサカトメノカミ)、上社は男神の建御名方神(タケミナカタノカミ)です。2年後の御鎮座千二百年祭には、上社の御柱を建立し、上社・下社の2柱(夫婦の柱)が並び立つ予定とのことです。
 御本社の祭礼を、自分たちの地域で、その地域風に斎行して盛り上がる。今、若い人たちが、社寺に対する関心が薄れていく傾向にある中、もっと地域の社寺に目を向けてもらうためにはとても有効で、インパクトが強いものと感じました。2年後の御鎮座千二百年奉祝記念事業に向けて、今後も応援させていただこうと思っております。

IMG_3238.JPG

IMG_3225.JPG

IMG_3234.JPG

IMG_3266.JPG


posted by 誠堂 at 22:35| お客様の行事・催し紹介

2022年07月07日

https://www.makotodo.jp でご覧ください

 この度、この「株式会社誠堂 公式ホームページ」のSSLサーバー証明書を発行していただきました。「http」でもこれまで通りご覧いただくことはできますが、より安全に見ていただくために「https」のリダイレクト設定をしたいただくことを推奨いたします。
 https://www.makotodo.jp
 今後も「株式会社誠堂 公式ホームページ」をよろしくお願いいたします。

箱根 美蔵.JPG
posted by 誠堂 at 19:10| お知らせ

2022年06月24日

川崎・妙楽寺 あじさいまつり

 弊社事務所より歩いて20分ほどなのですが、「川崎のあじさい寺」として名高い天台宗の妙楽寺が多摩区長尾ございます。6月19日(日)に恒例の「あじさいまつり」が開催されました。このあたりでは寺社の行事のポスターが各地域に貼られ、大々的に告知がなされることは少ないので、是非とも参加したく入山して参りました。
 28種約1,000株のあじさいが満開ということもあり、当日はかなり賑わっていました。私のように近隣から歩いてきた人、自転車できた人、遥々バスに乗車して遠方からきた人…閑静な住宅街が、この時ばかりは観光地のような人出でありました。多種多彩なあじさいが整備された境内に映えて美しく、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 寺社は日本人にとって大事な伝統宗教施設ということだけでなく、地域の歴史文化の発信基地でもあります。このような行事で、寺社を介して地域コミュニティーの促進が図られ、地域住民が寺社に親しみ、接する機会が増え、皆が日本人の心の拠り所である寺社に多くの関心を示さなければならない時代であると、改めて感じました。来年以降も参加し、恒例としていきたいと思います。

あじさいまつり1.JPG

あじさいまつり2.JPG

あじさいまつり3.JPG


posted by 誠堂 at 00:06| 寺社の行事・催し紹介