2021年03月29日

さくらの花の咲くころに

 さくらの花の咲くころに、なりました。
 誠堂の事務所からほど近くに、多摩川水系である平瀬川という一級河川が流れています。その平瀬川の川岸に桜が多く植樹されたところがあり、現在満開を迎えています。日本を代表する花である美しい桜を観に、今日は花見散策をしてきました。
 少し調べたところ、桜はバラ科に属するそうです。ちょっと意外ですね。日本には約10種を基本として、変種をあわせると100種以上が自生しているようです。種類の多さからも、日本人の桜に対する愛着の強さがわかります。
 平瀬川には、代表的なものばかりかと思いますが、多種愛でることができました。グッと暖かくなってきましたが、今週中は関東南部でもまだ花見ができそうです。感染症対策をしながら、花見に出かけてみてはいかがでしょうか。

桜1.JPG
染井吉野が満開です

桜2.JPG 

桜3.JPG
江戸彼岸桜(と思われます)

桜4.JPG
(花の縁がさくら色で)大山桜(と思われます)
posted by 誠堂 at 21:07| お知らせ

2021年03月19日

浄光明寺様 収蔵庫文化施設用除湿器設置工事

 鎌倉市扇ガ谷(おおぎがやつ)にある浄光明寺様は、真言宗泉涌寺派の寺院です。寺伝では建長3年(1251)、鎌倉幕府第6代執権の北条長時が開基となり創建され、開山の真阿より兼学のお寺で、鎌倉公方や足利氏の帰依を受けていた鎌倉屈指の古刹であります。
 今回は、御本尊の木造阿弥陀如来及び両脇侍坐像などが安置されている収蔵庫に、文化施設用除湿器の設置工事を請け負わせていただきました。この除湿器は、目標とする湿度の調整設定が可能で、博物館や資料館でも活用されています。弊社では作品保存の環境改善の企画・施工も承っております。
 御住職の大三輪龍哉様にはたいへんお世話になりました。誠にありがとうございました。

浄光明寺様除湿器.JPG

浄光明寺様客殿.JPG
客殿
posted by 誠堂 at 23:55| 作品保存・展示の企画・施工

2021年03月11日

10年

 東日本大震災から、今日で10年が経ちました。1年前ですら何をしていたかわからないのに、あの日のことはよく覚えています。あの時、私は神田にいました。ビルの中にいましたが、地震の揺れが大きくなるにつれてビルが倒壊してしまうのではないか心配になり、なんとかエントランスまで移動しました。ビル群が皆大きく揺れて、鉄筋のビルが大きくしなって隣のビルに当たってしまうのではないかと思いながら、見ていました。その日は電車などの交通機関は止まっていたので、翌朝再開されてから帰宅できました。
 それから毎年、3月11日午後2時46分には、東北に向かって黙祷を捧げています。我々日本人は、あの地震と大津波と原発事故などで2万人を超える仲間の生命を奪われました。亡くなった方々の無念を思うと、はかり知れない悲しさに襲われます。我が国は、地震・台風・火山の噴火など天災が絶えることがありません。昨年からは感染症にも大きく悩まされています。出来得る限りの備え・対策をして「自分が何をすべきか」、その役割を把握して1日1日を大事に過ごす。生きている我々にはそれしかないのではないかと思う、3月11日です。
posted by 誠堂 at 23:24| お知らせ