2022年02月02日

公益財団法人 庄内能楽館様 所蔵作品修復事業(第5期)

 庄内能楽館様の所蔵作品修復事業の第5期は、絵画の額装作品計5件でございました。松尾敏男作の日本画『花王の春』『花菖蒲』、地元酒田の美人画家である佐藤公紀作日本画『芙蓉』、北川民次作の色紙画『裸婦』、中村岳陵作の色紙画『餅』の計5件です。
 中村岳陵作『餅』は、本紙全体にカビによる茶褐色のシミが発生していました。先ず燻蒸処理を行い、クリーニング、解体、洗浄してから、日光漂白を施しました。その後色紙に仕立て直し、クリーニングされた額縁に額装し直しています。
 今回も理事長の池田宏様にはたいへんお世話になりました。誠にありがとうございました。

餅修復前.jpeg
修復前

餅修復後.jpeg
修復後

2022年01月20日

2021年の実績を掲載しました

 神奈川県も明日から蔓延防止など重点措置が適用されます。オミクロン株の感染力はかなり強いようで、弊社も移動は全てクルマで行うなど、感染症対策を強化する所存です。
 さて、このホームページの「業務内容・実績紹介」に、2021年の主なものを掲載しましたので、ご覧いただければと思います。昨年は掛軸装・掛図の修復や、撮りおろしによる冊子の製作などの事業を請け負わせていただきました。修復事業では、傷んだ作品を修復師の技術で見事に修復し、多数のお客様よりお褒めのお言葉を頂戴しております。誠にありがとうございました。
 所蔵されている文化財や美術作品の修復や仕立てなど、検討されている案件などございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

西平畑公園.JPG
西平畑公園より(松田町)

posted by 誠堂 at 23:19| お知らせ

2022年01月17日

常福寺様 冊子『常福寺の縁起と寺宝』製作

 茨城県那珂市瓜連にございます浄土宗の常福寺様より、冊子『常福寺の縁起と寺宝』製作の依頼を受け、先日納品させていただきました。
 そのタイトルの通り、常福寺様の縁起(歴史や概要などを紹介)と、所蔵されている寺宝を紹介する、A4判仕上げの冊子です。寺宝ページは、2019年に神奈川県立金沢文庫で開催された『浄土宗七祖聖冏上人と関東浄土教』展の図録の内容をもとに、再編集いたしました。
 ご発注をいただいた常福寺副住職の小笠原聖華様にはたいへんお世話になっております。この度も誠にありがとうございました。

常福寺冊子表紙.JPG
表紙

常福寺冊子見開.JPG
本紙見開き
posted by 誠堂 at 14:49| 美術印刷・個人出版