2022年05月17日

叶神社様 社殿改修・鳥居新築事業 奉賛者芳名板製作・設置工事

 横須賀市西浦賀に御鎮座する叶(かのう)神社様で、海岸鳥居の新築、御本殿・幣殿・拝殿の銅板屋根葺き替え、御本殿などの漆・極彩色の塗り替えといった改修事業が行われ、一昨年、その事業が完工しました。大規模な事業でしたので、氏子を中心に、奉賛を募られました。三万円以上を奉納されたその奉賛者の芳名を、芳名板に刻印し永く顕彰されることになり、その芳名板の製作・設置工事で請け負わせていただきました。
 ご発注をいただきました宮司の感見達也様にはたいへんお世話になっております。今回も誠にありがとうございました。

叶神社様芳名板.JPG
芳名板


叶神社様海岸鳥居.jpg
新設された海岸鳥居

叶神社様御神殿正面.jpg
改修された御神殿
【展示のグラフィック製作の最新記事】
posted by 誠堂 at 00:25| 展示のグラフィック製作

2022年05月01日

庄内能楽館様 能面修復事業(第六期)

 平成27年に山形県酒田市にございます公益財団法人庄内能楽館様が所蔵されている能面や能装束などの調査を行いました。能面については、修復が必要な面が18件あることがわかりました。それを六期に亘って修復する事業が決定し、誠堂で請け負わせていただきました。
 その最終の六期目の能面修復を終え、過日納品させていただきました。第六期は、「山姥」、「黒式尉」、深草浄春作「般若」、相馬秀男作「般若」の4作品を修復しております。
 今回修復した「山姥」は精霊的な変り型の面です。クリーニング、剥離部や矧ぎ目の接着、充填、補彩などを施しています。
 ご発注いただきました庄内能楽館理事長の池田宏様にはたいへんお世話になっております。誠にありがとうございました。

山姥修復後.jpeg
「山姥」修復後

山姥修復作業.jpeg
「山姥」修復作業


       

2022年04月18日

満性寺様 国指定重要文化財「聖徳太子絵伝」(公財)静嘉堂蔵 の複製製作事業

 満性寺様は愛知県岡崎市にございます真宗高田派の寺院です。1289年に親鸞聖人の弟子である源海上人の直弟である了専が創建した古刹であります。足利尊氏公が上京の折に太子堂で武運長久を祈願され、のちに伽藍を建立しました。江戸時代には徳川家康公より太子堂に開運殿の称を賜り、朱印地五十石を拝領された名刹であります。国指定重要文化財である色紙阿弥陀経をはじめ、多くの県や市の指定文化財を所蔵されています。
 この度、旧蔵されていた国指定重要文化財「聖徳太子絵伝」(掛軸装、四幅、鎌倉時代、(公財)静嘉堂蔵)の複製製作事業のご依頼いただき、先日持参してお納めいたしました。
 所蔵元である公益財団法人静嘉堂様のご許可をいただき、原本を高精細デジタル撮影をさせていただき、その写真画像を原稿とし、数度の色校正確認により複製の精度を上げ、掛軸装に仕立て、新調した2段の桐箱に入れてお納めしました。
 ご発注いただいた御住職の安藤光淵様、静嘉堂文庫美術館様にはたいへんお世話になりました。誠にありがとうございました。

1.jpg
複製 四幅のうち第一幅

2.jpg
複製 四幅のうち第二幅

満性寺様御本堂 トリミ.JPG
満性寺様 御本堂
posted by 誠堂 at 18:00| 文化財・美術作品の複製